タグホイヤーを長く使う為のオーバーホール

定期的にオーバーホールすることのメリット

定期的にタグホイヤーのオーバーホールを行って長持ちさせよう

長年憧れ続けた高級腕時計を念願かなって手に入れることができたら、ほとんどの方が一生大切に使い続けたいと考えるでしょう。しかしながら、時計はどんなに大切に使い続けたとしても、腕に付けているだけで劣化してしまいます。一生ものと考えて奮発したにもかかわらず、一生使うことができないのでは意味がなくなってしまいます。
そこで、必要不可欠となるのが、定期的なメンテナンスです。日々のお手入れも大切なのですが、機械製品の場合は定期的にパーツ単位まで分解して点検・修理を行うことが必要となります。もちろん、幅広い年齢層の男性に人気の高いタグホイヤーもオーバーホールを行うことで、トラブルを防いで、寿命を延ばすことができます。もし憧れの高級腕時計を手に入れたなら、定期的な分解掃除を行って、できる限り長く大切に使い続けましょう。

どのくらいの頻度で依頼すればよいのか

時計には電池で動くクオーツ時計のほかに、ゼンマイで動く機械式時計が存在します。もし機械式時計を手に入れたなら、気になるのはどのタイミングで分解掃除を行えばよいのかということです。
車検とは違い義務づけられているわけではありませんが、できれば3~4年に1度は分解掃除を行うことが望ましいでしょう。いくら調子がよいからまだ必要ないだろうと思っても、徐々に油の劣化やパーツの摩耗が発生してしまい、結果的に通常の倍以上の料金を請求されることにもなりかねません。
したがって、タグホイヤーのオーバーホールも、摩耗の発生によるパーツ交換が必要となる前に行うことが肝心です。特に新品のうちは摩擦によって潤滑油の汚れや微細な金属粉が出やすいですので、忘れずに分解掃除を依頼することでその後の寿命への影響を回避させましょう。

依頼するときに注意すべきこととは

1つのタグホイヤーのオーバーホールを行う際には、分解や点検をはじめ、洗浄、注油、乾燥、さらに組み立て、調整など様々な作業が必要とされますので、期間は何日もかかることになります。特に大きな問題がない場合でも、2週間から1ヶ月ほどかかると考えておくとよいでしょう。
また、時計の種類や状態によってはかなりの技術を要することになりますので、それ相応の対価も必要となります。いくら安く分解掃除を行ってくれるからといって、技術力のないお店や十分に時間をかけてくれないお店に依頼することは避けるようにしましょう。逆にいくら料金が高いからといって、それ相応の技術力があるとは限らないため注意が必要です。分解掃除を依頼するときには、必ずメーカーや正規店、信頼できるお店に依頼するようにしましょう。