タグホイヤーを長く使う為のオーバーホール

定期的にオーバーホールすることのメリット

日本でも人気が高いタグホイヤーのオーバーホール

スイスは、世界的に有名な時計メーカーを多数輩出していますが、日本でも高い人気を誇っている時計メーカーがタグ・ホイヤーです。
1860年に設立された当初から、クロノグラフやストップウオッチなどの開発に注力しており、特にクロノグラフに対する貢献が知られています。モータースポーツと深い関わりがある時計ブランドなので、その影響が時計のデザインにも現れています。カーレースにちなむ優れた腕時計を次々と誕生させたことでも知られていますが、特に有名なのが、1950年代の伝説的なカーレースに触発されて製造されたカレラです。1964年に発表されたカレラは、クロノグラフの傑作と言われており、現在でもファンが多いです。
カレラは、伝統的なクロノグラフ機構だけでなく、洗練されたデザインで人々を魅了しました。

様々な傑作時計を生み出したタグホイヤー

カーレースに関連するクロノグラフでは、1969年に発表されたモナコや1974年に発表されたシルバーストーンも有名で、革新的なデザインが話題を呼びました。
カレラは当時のトップレーサー達に愛用されるモデルとなりましたが、防水機能と自動巻きクロノグラフで知られるモナコも、大ヒット映画で主役が着用していたことで、その名が世界中で知られることになったのです。
タグホイヤーは、機械式だけでなく、エレクトロニクスの分野でも高い技術力を発揮して注目を集めています。最先端技術を使って製造されたマイクロタイマークロノグラフは、大きな話題となりました。高度な技術力に加えて豊かな発想力を持ち、時計業界の革命児とまで言われた高級ブランドは、日本でも多くの愛用者がいます。

大切な時計をオーバーホールで守る

一流ブランドの高級時計にとって、オーバーホールは必要不可欠です。機械式であってもクォーツ式であってもメンテナンスは必要です。一般的に、機械式の時計は3年に1度のメンテナンスが必要で、クォーツ時計は7年から8年に1度のメンテナンスが必要だと言われています。
定期的にメンテナンスをしていれば、部品の摩耗が少なくて済み、それだけ愛用している時計が長持ちします。
長い期間オーバーホールをしないで放置していると、時計の寿命は短くなってしまいます。
タグホイヤーのような高級時計を購入した人は、定期的なメンテナンスを欠かさない人が多いです。日本には、優れた時計修理の職人が多いので、信頼できる時計修理の専門店を見つけておくと、何かあった時でもすぐに相談することができ、便利です。