タグホイヤーを長く使う為のオーバーホール

定期的にオーバーホールすることのメリット

タグホイヤーを長く使うためにはオーバーホールが重要です

タグホイヤーはスイスの高級時計メーカーで、ドイツ系スイス人であるエドウアルト・ホイヤーによって1860年に創立されました。設立当初からストップウォッチやクロノグラフといったスポーツ系のウォッチ開発に力を入れていて、特にクロノグラフの歴史に貢献しているといって過言ではありません。近年ではトゥールビヨンや磁気を利用した新たなムーブメント開発を行っていて、時計ファンから注目されています。
取り扱っている腕時計はどれも精巧で緻密、職人の手によるハンドメイドの最高級品です。男性にとっては手に入れることがステータスの一種にもなっていますが、取り扱いが重要になり、長く使い続けるためには毎日の手入れの他に、定期的にオーバーホールを行うことが必要になってきます。

所持することがステータスにつながります

高級腕時計は男性にとってステータスのシンボルであり、アクセサリーを飾る女性と異なり、公的な場所で付けられるおしゃれアイテムは限られてきて、その中でも腕時計はシンプルでありながら本人の価値を左右する重要な品と言えます。ある程度の年齢、地位になれば相応しい腕時計を付けることが求められて、金銭的に高価なものといったわけではなく、歴史や信念といった見えないものも重要となり、高級腕時計が求められるのはそういった事情からです。
タグホイヤーも同様の価値がある時計ですが、指輪やネックレスと違い機能性を持ち合わせているので、毎日の手入れ、そして定期的なオーバーホールが必要になります。長く良い状態で使い続けるためには必要であり、怠ると故障の原因になるので注意してください。

常に最良の状態にしておくことが大切です

高級腕時計は細かなパーツが合わさり作られていて、それぞれのメーカーでゼンマイ一つから特注しているのが特徴です。それを職人が組み合わせていくので、とても精緻で細密な品であり、取り扱いには注意が必要となります。使用した後は汚れを拭うなど手入れが必要になりますし、定期的にオーバーホールをしなければいけません。これはタグホイヤーに限らず、どの高級時計もそうですが、パーツは使い続ければ劣化していくので、一度すべてを分解して綺麗に磨き上げて、再び組み合わせていく作業のことを言います。
まだ動いている、見た目に綺麗だから大丈夫と思わず、定期的に行うことで時計を良好な状態で長持ちさせられます。高級時計は芸術品と考え、所有する時は取り扱い方を学んで実行するようにしてください。